新規開拓営業の醍醐味

営業職、特に新規開拓営業は仕事として敬遠されがちです。
しかし、成約を勝ち取った時に達成感は感動です。
一見派手に思える営業職ですが、実は地道な作業の繰り返しです。
訪問前に必ず【戦略】を立てます。
今はむやみやたらに訪問しても成約にはつながりません。

私が携わっている人材ビジネスの場合、
①どの地区、どの業種、どのお客様を訪問し、どのような職種案件を確保するか
現在の既存顧客状況や登録者情報を事前に頭に入れておき、今保有している人材と需要をマッチさせるために選別すること。

②訪問は簡単に担当者とは会えませんので、まずは自分の名前と連絡先をしってもらう為に名刺を置かせてもらう。運良く担当者に会えた場合は少なからず興味や需要があるサインでもあるのでいかに相手に話を聞いてもらえるか?最新の人材情報や業界情報を資料化して渡し興味を引くこと。また御客様の課題(何に困っているのか)をいかにひき出すかが大事になります。

③打合せまでできた場合に必ず聞いておきたい事項は「競合他社を使っているか」具体的な社名を挙げて聞き出すことはとても重要な作業です。「競合他社」を利用しているということはそこに需要があると言うことに他なりません。

④訪問後は定期的なフォローを入れること。
但し、フォローはしつこくならない頃合いを見計らうのが重要です。数量としては1ヶ月に1回程度のフォローを継続することです。人材ビジネスでは出来る限り訪問時は経歴書を持参するのが良いです。人が紹介できるか否かが人材ビジネスの要です。

ビジネスの基本であるPDCAサイクルでしっかり行動することで必ず御客様の課題や需要が見えてきます。特に③で記載した「競合他社」を利用している企業は必ず案件依頼が入ります。需要があった時に1番に紹介できるようにスタンバイしておくことが重要です。

この活動から成約を勝ち取った時の達成感や嬉しさ、感動等の独特な感覚は新規開拓営業で無いと味わえない醍醐味です。さらに業績を伸ばすため営業の効率化も考えていこうと思っています。

PR|英語上達の秘訣|オーディオ|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|ショッピングカート|童話|サプリメント|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|