法人営業のメール術

法人営業としていくつかの担当を持っていたことがあります。そのときに意識していたのがメールです。まず、はっきりいって法人に対することというのは、個人間の信頼が物凄く大事になります。ですから、定形文なんて送ったところで相手に響くことはないのです。それこそ、個人的な文章に近い形でメールを送ることが意外と効果があったりします。砕けすぎる必要性はないのですが、それなりに親近感、親密であることがわかるような、或いは相手はそう思っている、ということがわかるような文章にするとよいでしょう。私はそうやって信頼関係を築いていました。これは当然ですが、自分にまったくミスがないときのみに使える方法でもあります。何を売るにしても似たような製品というのは必ずあります。近しいサービスとの競合となるのですから、そのときに金額もそうなのですが親密感というのが選択をされるときに見られる可能性が高いのでメールは注文、ビジネス関係でないご機嫌伺い系のものをしっかりと送っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です